水漏れ修理の最新情報

福岡で排水口つまりが生じる前の予防方法とは?

福岡県は、北側に北九州市・南側に大牟田市・西側に柳川市や大川市・東側に豊前市などの市がある県、その中心となるのは福岡市で2020年8月1日現在の県の総人口が5、108、636人に対し、福岡市は1、602、927人などからも約3分の1の人々が生活を送る都市といえましょう。住宅の数も多くありますので排水口つまりなどのような水回りのトラブルも多発しやすい、これに伴い修理業者の数も県内ではトップクラスといっても過言ではありません。排水口つまりは、浴室なら毛髪や皮脂・石鹸のカスなどが原因になる、キッチンの場合は食材のカスが主な詰まりの原因です。どちらも防ぎたくても中々完全には防ぐことができませんので、長年使い続けていると排水口つまりが生じる可能性は高くなりがちです。

このようなトラブルにはいくつかの前兆があり、完全に流れなくなるまでには流れが悪くなったり流し終えた後に排水口からボコボコなど異音がするといった予兆が生じます。排水溝は下水に繋がるパイプですが、下水に真直ぐ繋がっているわけでなく、Uの字型などのように複雑な形をしているのが特徴です。U字型にすることで下水からの匂いをシャットアウトするメリットがありますが、U字型の下部分は異物がたまりやすくここが詰まってしまうと排水口つまりが生じることになるわけです。この汚れはパイプの洗浄剤などで取り除くこともできるのですが、完全に詰まってしまう前に施すことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *