水漏れ修理の最新情報

在来工法の浴室リフォーム

最近は、浴室のリフォームというとユニットバスが主流となっていますが、こだわりの強い人には在来工法がおすすめです。在来工法とは、周囲に防水加工を施して、その上からコンクリートで壁や床を作っていくという、昔ながらの浴室です。この在来工法のメリットは、サイズを選ばず、浴槽の種類も豊富にあり、素材も選ぶことができるという点にあります。現在主流となっているユニットバスは、規格サイズも決まっていますし、浴室の種類もそれほど多くはありません。

一方、在来工法は、ヒノキや石材など、自分のイメージしている理想のお風呂を選択することができます。一般的に浴室のリフォームは、築10~20年程度で行う必要があるといわれています。特に、在来工法の浴室は、下地材からタイルなどの素材を張って仕上げていきますが、年月とともに下地にひびはいれば、水漏れも起こしてしまいます。在来工法は、こだわりのお風呂を作ることができますが、その分費用もかかり工事期間もかかるというデメリットもあります。

在来工法は自由度が高く、洗面からお風呂の中が丸見えになっているガラス張りのお風呂や、露天風呂のような外に面したお風呂、ヒノキをつかったお風呂など、こだわりをもった人には支持され続けている工法です。ただ、新築時にはたっぷりと予算も時間もかけて作ることができますが、できるだけ予算と時間を切り詰めてリフォームをしたいという場合には、この在来工法は不向きといえます。福岡の排水口つまりのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *