水漏れ修理の最新情報

福岡市で水道工事を行うには

水道の工事には給水管の引き込みや排水設備の設置、室内の配管作業などがあります。道路側で行う工事は自治体が行いますが、敷地内の工事は土地の所有者が依頼して行います。その際、必ず自治内の指定を受けている事業者に依頼をして下さい。自治体の指定事業者とは、適正な施工ができると認められた事業者のことです。

福岡市内で施工を行うためには、福岡市の水道局の許可が必要です。国家資格を有した技術者と施工に必要な機械器具を持っていて、福岡市上下水道局に申請を行う際に不誠実な業務は行わないと誓った事業者の中から選んで契約します。家の新築やリフォームで行う大掛かりな施工だけでなく、敷地内の水回りのトラブル全てに対応が可能です。指定を受けていない事業者に依頼して施工を行うと、後で問題になる場合があります。

地域の自治体により多少の違いはありますが、法律に違反したとして水を止められる場合もあるので注意してください。一般家庭の蛇口の部品の交換など、簡単な修理を自分で行うことが法律違反になることはありません。水回りで使われている部品は、ほとんどのものがホームセンターなどで購入が可能で誰でも簡単に交換することができます。しかし配管を伴う作業を素人が行うのは危険です。

水道管に亀裂があり水が漏れている場合は、新しい水道管に交換することになります。大がかりな作業になる可能性が高く、素人が行えるものではありません。自治体の指定事業者に依頼した方が安全であり、確実に問題を解決することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *