水漏れ修理の最新情報

福岡の一般的な戸建て住宅で実施する水道工事の概要

我々が暮らすうえで欠かせないものが水です。飲料水から炊事・洗濯・入浴などに水は必ず使用するため、住居を建設する際は水道管の敷設を敷地内で数か所に実施します。通常は各自治体が街中に張り巡らせている水道管に各住居の配管を直結して、水を枝分かれさせる方式をとられます。これは分配方式というもので、各住居に設置する給水栓と水道管をつないで水量を調整することが可能です。

九州の中核都市である福岡では、戸建て住宅の水道工事の際に不断水工法を取り入れて工事を実施されます。この不断水工法とは1988年にドイツで開発されたインフラ施工で、バルブが備わった二又状のアダプターを配管に等間隔で設置します。これにより配管設置をする際には水の流れをバルブで切り替えて工事を実施できるので、周辺地域を断水する必要がありません。福岡の場合、約35平方キロメートルの都市空間に560キロメートルの配管が敷設されてます。

さらに市街地になると断水することで、市民生活に大きな支障をきたす可能性も示唆される一帯です。戸建て住宅の水道管敷設工事であっても数時間単位の断水は余儀なくされ、周辺住民の生活に影響を与えます。この問題を打開するために、福岡では不断水工法を取り入れて最小限の影響に留めていることがわかります。なお、昨今では東京・大阪・名古屋の市街地でも同様の施工を実施しており、今後も全国的に普及していくといえる新たなインフラ工法です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *