水漏れ修理の最新情報

トイレのつまりや水漏れに遭遇したら

トイレでの水トラブルでよく発生するのが、便器のつまりです。排水に時間がかかる、排水口から逆流して突然汚水があふれ出した、水を流すたびにゴボゴボと異音がする等、症状も多岐にわたります。つまりの原因としてまず考えられるのが、トイレットペーパーの使いすぎです。水溶性の紙類であっても、一度に大量の使用によって排水口付近で溶け残ってしまい、つまりを引き起こします。

原因が明確で症状も軽いものであれば、素人の方でも市販のラバーカップで、容易に解消することが可能です。それでも解消できなければ、トイレの実績が豊富な地域の水道修理会社へ連絡しましょう。この他の原因としては、オムツといった非水溶性の紙類をはじめ、ハンカチのような布類、さらにスマートフォンといった固形物なども、数多く報告されています。これらの異物をうっかり便器に流してしまったら、ラバーカップ等で無理に押し流そうとするのはやめてください。

便器本体や排水管を損傷することもあるからです。このケースでは便器を取り外して異物を取り出す必要があります。また場合によっては、高圧洗浄機や特殊なワイヤーも用いなければなりません。いずれにせよ、専門の水道修理会社へ依頼することになるでしょう。

トイレでは水漏れのトラブルもよく発生します。タンクにつながる給水管の水漏れをはじめ、便器と床の間から水が漏れ出す、ウォシュレットのノズルから水が漏れ続けるなど、様々なケースが報告されています。原因がナットの緩み程度なら、素人の方でも修理は可能。しかし便器を取り外したり、タンク内の部品の交換、あるいは電気を扱うウォシュレットの装置など、これらは専門的な知識や技術あるいは大がかりな工事が必要になるため、専門の水道修理会社へ依頼するのが基本です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *