水漏れ修理の最新情報

トイレのつまりや水漏れの原因と修理

家の水回りでも利用頻度の高いトイレでは、日頃から様々なトラブルが発生しがちです。突発的なトラブルはもちろん軽度の症状であっても、徐々に深刻なリスクを招くこともあるので、できるだけ速やかに原因を特定して修理を行う必要があります。まずトイレでよく起こるトラブルといえば、便器のつまりでしょう。例えば一度に大量のトイレットペーパーを使用すると、溶け残りが排水口付近で溶け残り、つまりを引き起こすことがあります。

この場合には素人の方であっても、市販のラバーカップ等で解消することが可能です。ハンカチのような布類やスマートフォンといった固形物など、水に溶けない異物がつまりの原因になることもあります。このケースでは、無理矢理にラバーカップ等で押し流そうとするのは禁物です。さらに排水口の奥で挟まって取り出せなくなったり、便器や排水管を損傷することにもなりかねません。

このケースで修理するのであれば、便器を取り外して異物を取り出す必要があります。地域で実績のある水道修理会社へ連絡しましょう。トイレでは水漏れによるトラブルも目立ちます。例えば便器にいつまでも水が漏れ続けるケースなどが典型的。

原因としては、単にレバーハンドルが元に戻らないものから、タンク内のボールタップやフロートバルブあるいはサイフォン管の故障など様々なケースが考えられます。いずれも部品を交換するだけで、比較的簡単に解消することができます。その一方で、タンクや便器のヒビ割れ、ウォシュレットの故障等で水漏れするならば、専門の水道修理会社へ依頼すべきでしょう。タンクや便器の交換は大がかりな工事になることがほとんど。

またウォシュレットは構造が複雑な上、電気を扱うので感電や火災のリスクもあります。いずれも素人の方では難しいと言えます。トイレのつまりと漏れのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *