水漏れ修理の最新情報

蛇口水漏れのセルフ修理 シングルレバー混合水栓の場合

住まいの水回りで起こるトラブルで多い場所のひとつが、キッチンにある蛇口からの水漏れです。

修理は自分でできる場合と、水道のメンテナンスを専門的に行っているプロへ依頼しなければならない場合もあります。蛇口から水漏れが起きている場合のセルフ修理は、まず必要な工具を用意することから始めましょう。ナットやボルトを締めるためのモンキーレンチや、ネジによって使い分けられる精密ドライバーなどが必要です。水栓全体を取り外せる水栓レンチなどもあると便利でしょう。

次に、どのような時に水道トラブルが起きているのかを、水回りをよく観察して把握してください。水道を使用している時に蛇口本体から漏れている場合には、パーツの交換修理をすれば多くは解決すると言えます。必ず水道管の元栓を閉めてから、分解を開始するのが重要です。キッチンで良く使われるシングルレバー混合水栓であれば、レバーを固定しているネジを外せば、モンキーレンチを使ってほかのパーツを取り外せます。

多くの場合で、水漏れがある蛇口を外しパッキンを交換修理すれば解決するでしょう。しかし、トラブル箇所がレバーの下部分であったり、パーツの接合部であったりする場合には、レバー下のナットを外した場所にあるパルプやその下にあるスパウトの交換が必要な場合もあるでしょう。自分でどうしても工具を揃えられない場合や、部品交換しても状況が悪化していくような時は、プロへ解決を依頼してください。水道トラブルは早期対処が基本ですし、部品の取り外しには力がいる場合もありますので、安全に解決できる手段を選ぶのが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *