水漏れ修理の最新情報

蛇口からの水漏れは修理が必要です

普段使っている洗面所やキッチン、風呂場などの蛇口から水が滴っているのを見つけたら、水漏れが発生している可能性が高いです。

蛇口は細かいたくさんのパーツが組み合わさって動作する設備ですので、その部品の中の1つでも摩耗劣化していると水漏れに繋がる恐れがあります。このような場合には修理が必要となりますので、まずは止水栓を閉めるところから始めましょう。修理中に万が一開きっぱなしになるなどした時でも、止水栓を閉めていればこれ以上被害を広げることもなく安心です。

修理で必要となるものは、プラス・マイナスドライバー、新しい部品、ビニールシートなどですが、新しい部品については後ほど説明します。ビニールシートは周りの床に敷いて水浸しになるのを防ぐ役割があります。いよいよ、水漏れがどこから発生しているのかを確認していきます。このような場合は内部のパッキンの劣化が原因であることが多く、新しい部品と交換することで直るケースがほとんどです。

パッキンはゴム製で、常に水を止めておくために上下から力がかかっている部品ですので、どうしても劣化が早くなります。ゴムパッキンはメーカーや品番によって異なりますので、内部を確認して同じものをホームセンターなので購入し用意してください。内部を確認するには、蛇口のてっぺんにあるフタを外します。一般的なものであればこの方法で分解することができますので、ゴムパッキンを新しいものと交換しましょう。あとは、分解した逆の手順で組み立てていけば完了です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *