水漏れ修理の最新情報

賃貸住宅の蛇口から水漏れが発生した時の修理

日本には、賃貸住宅に住んでいる人がたくさんいます。

賃貸住宅も、長く利用すると故障する部分も増えてくるでしょう。例えば水回りの故障は、長年利用している建物ならば普通に起こりえることです。蛇口から水漏れが発生した場合などは、水道代が高くなってしまう可能性があるため、早い段階で修理を依頼するべきです。ですが賃貸住宅に住んでいる場合は、基本的にその建物の管理はオーナーが行っています。もし蛇口の水漏れが発生した場合は自分で業者を呼ぶのではなく、まずオーナーに電話をするか管理会社に電話をするべきです。

もし、経年劣化により蛇口から水漏れが発生した場合は、賃貸物件の管理者であるオーナーが料金の負担をします。そのため、居住している人は全くお金を払う必要はありません。オーナー側が業者に連絡を取り、修理業者からその部屋の住人に修理の日時に関する電話が来るでしょう。その一方で、経年劣化ではなくそこに住んでいる住人が壊した場合には、住人が修理費用としてお金を支払わなければならなくなります。

もし、故意又は過失により壊した場合にもオーナーが修理代金を支払わなければならないとすれば、不公平になってしまいます。管理会社やオーナーに電話する前に自分で業者に連絡をした場合、後からオーナーにお金を請求することができるか問題になります。結論を言えば、契約書の内容によりどちらが負担するか変わってきます。ただ故意や過失により住人が壊した場合は、その住人がその分の費用を負担するべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *