水漏れ修理の最新情報

トイレのトラブルを修理する方法

一口にトイレのトラブルと言っても、様々な原因や症状があるため、まずはトラブルを引き起こしている原因を突き止めた上で正しく修理する必要があります。

トイレのトラブルの中には、便器内に水がちょろちょろと流れ続けると言うものがありますが、この場合、まずはタンクのふたを開けて中を確認してみることが勧められています。例えば、トイレのタンク内の水位線よりも水が上にあり、なおかつ浮き球を持ち上げても水が止まらないなら、水をタンク内に入れるバルブが摩耗し緩んでいるかもしれません。

その場合は、ボールタップの部品を交換することにより、簡単に修理できる場合があります。またトイレの水の流れが悪いと感じる場合も、まずはタンクの中に異物などが入っていないかを確認することができます。異物もなく、水位線まで水があるのに流れが悪いのであれば、便器の詰まりが原因になっている可能性があります。

詰まった物によっては、専門業者でないと修理できないこともありますが、ラバーカップという道具によって自分で簡単に直せる場合もあるのです。ラバーカップを使って詰まりを除去する際には、ゆっくりと押し込んで勢いよく一気に引き上げるのがポイントです。トイレの別のトラブルは、便器洗浄の際にタンクの下から水が漏れるというものです。その場合、まず止水栓を閉めてからタンク内の水を流し、ふたを開けて確認します。ふたの裏についている整流スポンジが潰れていたり外れている場合はそのスポンジを交換することで、簡単に修理できるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *