水漏れ修理の最新情報

トイレ修理で多いつまりトラブルの対応

トイレ修理の中でも頻繁に発生しやすいのがつまりで、自力で解決できる場合と水回りの専門会社に依頼すべき状況の場合とがあります。

丸めて流してしまったペーパーや、排便したときの量が多かったり硬かったりといったちょっとしたことで以外につまりは発生します。ご家庭で、すっぽんを用意している人もいるでしょう。ラバーカップとかスポイトとか地域によって呼び方にいろいろ違いがありますが、ゴムのカップに木の柄がついている器具です。より簡単に使えて真空にできるローポンプもありますが少し値段が高いので、ご家庭で備えておきたい場合はすっぽんで十分でしょう。

水には溶けない固形物、携帯や子供のおもちゃ、生理用ナプキンなどを落としてつまらせた場合、すっぽんなどの器具を使うとかえって状況を悪化させる恐れがあります。逆流してきてあふれかえるなど大変な状況になりかねないため、固形物を落としてつまらせて目に見えない部分で発生しているなら専門会社を頼りましょう。トイレ修理のために、便器の取り外しを行う必要性が出てくる場合があるからです。

作業スタッフが到着したらすぐに作業に取り掛かれるよう、汚れたら困る部分はあらかじめ養生しておくと安心です。壁や床などにビニールや新聞紙、なければ雑巾などでカバーして汚れが直接つかないようにします。便器を取り外す必要性があるときは、便器近くまで養生すると邪魔になってしまうので、その周囲までにとどめておきます。流す水を節水しているご家庭ではつまりが頻発する恐れがあり、あまりにもトイレつまり修理の回数が多いようであれば、少し流す水の量を調節して増やしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *