水漏れ修理の最新情報

悪質なトイレ修理業者の特徴

トイレは、従来ロータンク内の部品交換やロータンクへの給水管の接続を確認することでトイレのトラブルを解決できていましたが、近年では2人以上の世帯への普及率が80%を超えている温水洗浄便座のトラブルが増加傾向にあり業者に修理を依頼する人が多くいます。

インターネットには。24時間365日年中無休受付」や「出張・点検・見積無料」などのキャッチコピーで集客している業者のサイトが数多くあり、昼夜を問わず対応してくれるので大変助かっています。修理業者の多くは、依頼後30分~1時間程度駆けつけてくれ、料金もロータンク内の部品交換程度なら10、000円~20、000円程度と非常にリーズナブルで気楽に依頼することができます。

しかし、善良な業者と同様の耳障りの良いキャッチコピーを掲げているにも悪質な業者であることも多く、キャッチコピーを信じて依頼して後悔している人が少なくないのが業界の現状です。一般的な業者は、依頼後速やかに自宅や現場に駆けつけて修理するトイレの状態を確認した後に事前見積もりを提示しますが、悪質な業者は現場確認をしていないにもかかわらず電話口で見積もりを例示したり、ある程度作業が進んだ時点で初めて高額な見積もりを提示するなど手口が悪質です。

悪質な業者は、事務所の住所が不明や連絡がとれないなどの顕著な特徴があり、依頼する前に事前見積もりや業者登録の有無などをしっかりと確認しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *