水漏れ修理の最新情報

トイレの水漏れ修理を行うときには原因を確認

トイレのトラブルの一つでもある水漏れは、タンクから流れて来るものもありますし、タンクに接続されている給水管、そして便器と床の隙間など目に見える場所で起きることがあります。

給水管やタンクから便器に流れるものは水の無駄遣いになる、便器と床の隙間から漏れるものは汚水ですから衛生面においても不安がありますし、マンションなどのような集合住宅や2階部分にあるトイレの場合は階下への水漏れといったリスクがあるので早めに修理をしておきたい、このように考える人は多いといえましょう。

床と便器の隙間から漏れるものは、便器の真下にある排水溝をなんらかの異物が水の流れをせき止めてしまっていることで起きるもの、一般的には便器を取り外して異物を取り除くなどの修理対応が必要になってきますので専門業者の力が欠かせません。これに対して水道管のつなぎ目部分や止水栓部分からにじむように漏れるものは内部パッキンの劣化や結合部分の緩みなどにより起きるもので、モンキーレンチやスパナといった道具、パッキンの劣化の場合は同じサイズのパッキンがあれば自らトイレの水漏れ修理を行うことは可能です。

タンクから水が流れ続けてしまうトラブルの場合は、タンク内部の機構に問題があるのでタンクの蓋を開けてそれぞれの部品が機能をしているのか否かを確認、部品が外れているときにはそれを正常な状態に戻すことでタンクから便器に流れる水を止めることができるなど修理業者に頼ることなく自力で直せることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *